FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

土山ろまん第33号

歩いてみれば・・・ (表紙)


犬も歩けば棒にあたる。クルマが走れば事故にあうか、渋滞にあう。しかし人が歩けば人に会う。出会いは嬉しいものだ。


急ぐ人はクルマに乗って、きつい顔をして一秒でも節約しようと必死である。歩いている人は急がない。そして顔がやさしい。


クルマに乗る人の感情の多くは苛立ちと排他的な心であろう。そしていつも張りつめていなければならない神経の疲れと、わき見の出来ないつまらなさ。それは歩いている人に較べてなんと非人間的なことだろう。


ほとんどの職業はクルマなしでは成り立たない。買い物に行くのにもクルマは不可欠だ。好むと好まざるに関わらず人はクルマに乗る。が、しかし時には歩いてみよう。きっと同じ景色でもやさしく見ることが出来るにちがいない。


来年からは60才の定年を迎える人が大量に出るといわれる。いわゆる2007年問題である。団塊の世代と呼ばれ、企業戦士として高度成長を担い、少しでも早く、少しでも大きくと、まるでクルマの性能を競うがごとく常に猛スピードで走らされてきた人たちである。否応なく停車を余儀なくされ、かといって廃車にするにはまだまだもったいない性能を有するこれらの多くの人たちはこれからどういう生き方をしていくのだろう。


とりあえず歩いてみよう。ゆっくりとだ。今まで見えなかったものが見えてくるかもしれない。そして人に会おう。仕事上での人との付き合い方とは全く違うものが見えてくるはずだ。


まさしく自分の足で街道を歩いている人もいる。急ぎもせず、あちらこちらとわき見をしながら、見るべきものは見、見知らぬ人と語り、ときに一服をしながら、彼らは自分の旅を楽しんでいるかのようだ。


旅人、東海道をゆく
スポンサーサイト
Recent Entries
Recent Comments
Recent Trackbacks
Archives
Categories
Links
Search
Profile

土山の町並みを愛する会

Author:土山の町並みを愛する会

東海道の宿場として栄えてきた土山の歴史と文化がなくなっていく現状をなんとかくいとめられないかと東海道五十三次シンポジウムや村おこしの参加者らが、発起人となり設立しました。土山らしい町並みの創造に向け広報、研修等に取り組んでいます。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。