スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

土山ろまん第23号

歩いてみますか (表紙)


このごろ歩かなくなりましたねえ。なにしろどこへ行くのもクルマでね、百メートル以上の距離はまず歩きませんわ。健康には歩くのが一番いいとは聞きますけどね、面倒でついクルマに乗ってしまうんですわ。散歩なんて永いことやってませんけど、でもウォーキングやってるという連れに聞いたら、歩くってのはなかなか気持ちのいいもんらしいですな。なんといっても体を動かすというのは気持ちがいいし、それに外の空気を吸うというのは爽やかだからストレス解消にも役立つと云うんですわ。実はお前もいっしょにどうだって云ってくれるものですから、運動不足でもあるし、じゃあ思い切って来月から始めようなんて思っているんですけどね。


ただどうせ歩くなら気持ちのいい道を歩きたいと思いましてね、この前、連れが歩いているという道を見に行ったんですよ。もちろんクルマですけどね。まあ結論から云うとなかなかいいものですな。いつも仕事に行っている町なんかと較べても落ちているゴミは少ないし、家の前に花を飾ってあるおうちも割と多いんで、それを見てるだけでも楽しいしね。道も下水の工事が終わったところはきれいに舗装されてますしな。それにこれからは秋の景色が楽しめるかも知れませんなあ。まあ、私は三日坊主に終わることが多いからいつまで続くか分かりませんけど・・・たぶん寒くなったらおしまいですわ。


昔の広重の画なんか見ますとですね、何かこう楽しそうな道に見えますね。茶店があったり、松並木があったり、それに何より歩いている人が多いですわな。ああいう道なら歩いていても楽しかろうと思いますな。もっとも昔は舗装されてなかったから大変やったと思いますけど。まあ今でも土山なんかは小さな公園もいくつかあって歩きやすいほうですけど、ちょっと一服する椅子なんかが置いてあれば便利ですな。あと出来たら田村川にちいそうてもいいですし昔風の板橋なんかかかっていたらよろしいですな。


國松知事も渡った田村川の仮橋(灯街道リレーで)
スポンサーサイト
Recent Entries
Recent Comments
Recent Trackbacks
Archives
Categories
Links
Search
Profile

土山の町並みを愛する会

Author:土山の町並みを愛する会

東海道の宿場として栄えてきた土山の歴史と文化がなくなっていく現状をなんとかくいとめられないかと東海道五十三次シンポジウムや村おこしの参加者らが、発起人となり設立しました。土山らしい町並みの創造に向け広報、研修等に取り組んでいます。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。